資格を最短で取得するたった1つの勉強法とは?

資格
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

資格を最短で取得するたった1つの勉強法とは?

フェルたん
フェルたん

資格取得を目指している方、できれば最短で合格したいですよね?

資格勉強にはコツがあります!

たまお
たまお

結論、はよ!

結論

資格勉強は、
過去問に始まり、過去問で終わる。

ズバリこれです。これに尽きます。

試験勉強には、なぜ過去問が重要なのか?

試験勉強には、なぜ過去問が重要なのか?

試験勉強にはなぜ過去問が重要なのか?

それは、試験に合格すれば良いからです。教科書の全てを覚える必要などありません。試験に出やすいところや設問のクセを把握して重点的に勉強した方が効率的だからです。

そして、合格したら全て忘れ去ってOKです!

実務で分からないことが出てきたら教科書片手にやれば良いのですから。

フェルたん
フェルたん

私、持ってる資格をいま受験したら絶対落ちる自信あるよー(笑)

たまお
たまお

いばるなって(笑)

よくあるパターン

教科書を最初から最後までまじめに勉強したのに、試験直前に模擬試験したら全然解けない!

はい、私もそうでした。

その勉強法は間違っています。

教科書には、重要なところ、あまり重要でないところがあります。言い換えれば試験に良く出るところ、あまり出ないところです。それを一様に勉強するのは、あまりにも効率が悪いというものです。

過去問が重要な理由
  • 試験に出るところあまり出ないところが見えてくる
  • 出題のクセ(独特な言い回しなど)に慣れる

まず初めに過去問をやってみよう!

たまお
たまお

では、いきなり過去問をやってみよう!

フェルたん
フェルたん

えーと、さっぱりわからん!

たまお
たまお

それで良いんだよ!
そこで初めて教科書を引っ張り出すんだよ。
その繰り返し!

過去問をやり続けて行くと、同じような問題が何度も出ていることに気が付くはずです。そう、良く出る問題、あまり出ない問題が見えてきます。独読な言い回しや引っ掛け問題にも慣れが必要です。

そして最も重要なのが、いま自分がどのレベルにいるのかが分かることです。最初は全然ダメでも過去問を繰り返していけば次第に点数が上がって行きます。課題も見えてきます。今の自分の弱点、得意分野が見えてくるので、何をあとどれぐらい勉強すれば良いのかが見えてきます。

それが、試験直前になって過去問をやってみたら合格ラインを割っていた、これではもう手の施しようがありません。そして自信もやる気も喪失して試合終了です。

ポイント!

過去問は最低5年分、
全問正答できるまで繰り返し勉強する!

戦略を立てて勉強しよう!

試験勉強には戦略が必要です。

資格には合格基準が予め公表されます。(設問数、点数配分、必要点数、足切りラインなど)

勉強を進めて行くと、どうしても苦手な分野が出て来ます。当然です。苦手な科目の設問数や点数配分を見てみましょう。もし苦手な科目の設問数や点数配分が低いのであれば、そこを捨てて他でカバーするのも手です。完全に捨てることは難しいかもしれませんが、合格するための必要条件を満たすために、他の何でカバーするか?などの戦略を立てることが出来ます。反対に苦手な分野の設問数や点数配分が高く、どうしても無視できないのであれば、腹をくくって重点的に勉強するしかないという結論に至ります。むやみやたらと戦っても勝つことは難しいのです。

参考までに「公害防止管理者」の攻略法を参考にしてみてください。

ポイント!

試験のガイドラインを把握して戦略を立てよう
設問数、点数配分、必要点数、足切りライン、その他条件など

まとめ:資格を最短で取得するたった1つの勉強法とは?

資格取得にはコツがあります。
100点取る必要はありません。
合格さえすれば良いのです。

つまり、こういうことです。

  • 教科書の最初から最後まで全部勉強するのは効率最悪
  • 試験に出るところを重点的に勉強すれば良い
  • 試験日までに合格する最低限の知識があればそれで良い

最後にもう一度言います。

結論

資格勉強は、
過去問に始まり、過去問で終わる。

\自己紹介です/

コメント