資格を効率的に取る4つの勉強法|あなたの勉強法は間違っている!

資格を効率的に取る勉強法資格
この記事は約7分で読めます。
フェルたん
フェルたん

資格取得に挑んでいる方、できれば効率的に合格したいですよね?

資格の勉強にはコツがあるんですよ!

たまお
たまお

結論、はよ!

結論

「資格を効率的に取るための4つの勉強法」

  1. 過去問を徹底的に勉強しよう!
  2. 得点配分の高いところから勉強しよう!
  3. モバイル端末を駆使して勉強しよう!
  4. 楽しんで勉強しよう!
フェルたん
フェルたん

それでは、私の体験談を交えながら順を追って説明して行きます!

スポンサーリンク

過去問を徹底的に勉強しよう!

過去問を徹底的に勉強しよう!

試験勉強は、過去問に始まり過去問で終わる

試験勉強は、過去問に始まり過去問で終わる

資格試験の格言のようなものです。

では、なぜ過去問が重要なのか?

それは、試験に合格さえすれば良いからです。

「合格して~したい」などの大義名分は置いといて、目先の目標は「合格」です。合格しなければその先の目標など夢物語に過ぎないのだから。

教科書の全てを覚える必要などありません。試験に出やすいところや設問のクセを把握して重点的に勉強した方が断然効率的だから。

そして、合格したら全て忘れ去ってOK!(笑)

フェルたん
フェルたん

私、持ってる資格をいま受験したら絶対落ちる自信あるよー(笑)

たまお
たまお

いばるなよ(笑)

良くあるパターンが、教科書の最初から最後までまじめに勉強したのに、試験直前の模擬試験で全然解けない!私もそうでした。その勉強法は間違っています。

過去問が重要な理由
  • 試験に出るところあまり出ないところが見えてくる
  • 出題のクセ(独特な言い回しなど)に慣れる

教科書には、重要なところ、あまり重要でないところがあります。言い換えれば試験に良く出るところ、あまり出ないところです。それを一様に勉強するのは、あまりにも効率が悪いというものです。

いきなり過去問からやってみよう!

いきなり過去問からやってみよう!
フェルたん
フェルたん

いきなり過去問やったけどさっぱり分からなくて挫折しそう・・・(涙)

たまお
たまお

最初は分からなくて当然。

分からなくても立ち止まらずに流してやってみることが大切だよ。

過去問をやり続けて行くと、同じような問題が何度も出ていることに気が付くはずです。そう、良く出る問題、あまり出ない問題が見えてきます。独読な言い回しや引っ掛け問題にも慣れが必要です。

そして最も重要なのが、いま自分がどのレベルにいるのかが分かることです。最初は全然分からなくても繰り返していけば次第に解けるようになります。課題も見えてきます。今の自分の弱点、得意分野が見えてくるので、何をあとどれぐらい勉強すれば良いのかが見えてきます。

それが試験直前になって過去問をやってみたら合格ラインを割っていた、これではもう手の施しようがありません。そして自信もやる気もなくして試合終了です。

ポイント!

過去問は最低5年分、
全問正答できるまで繰り返し勉強しよう!

得点配分の高いところから勉強しよう!

得点配分の高いところから勉強しよう!

資格には合格基準が予め公表されます。(設問数、点数配分、必要点数、足切りラインなど)

合格基準=試合のルールです。

試合に勝つためにはルールを熟知して戦略を立てるのは当然のことですよね。試験勉強も同じです。

そこで私は、得点配分の高いところから勉強します。

得点配分の低いところ、出題頻度が低いところは、後回しにするかぶっちゃけ捨てます。

得点配分上捨ててもOKと判断出来たら躊躇なく捨てます。その分、得点配分が高く良く出る問題に時間を集中投資した方が効率的だからです。

ポイント!

合格基準を把握して得点配分の高いところから勉強しよう!

合格基準(=試合のルール)を把握して、重要ポイント、捨て問題、学習スケジュールなど、勝つための戦略を立てることが重要です。

「公害防止管理者」の攻略法を参考にしてみてください。

モバイル端末を駆使して勉強しよう!

モバイル端末を駆使して勉強しよう!

机に座って、参考書を開いて、ノートにまとめて・・・という勉強法はもはや時代遅れ。効率が悪すぎます。

現代の勉強法はズバリ、モバイルです。

スキマ時間をいかに活用するかが勝敗の分かれ目です。

移動中の電車、お昼休み、トイレ、ベッド・・・時間がないなんて言い訳はできません。どんなに忙しい人でもスキマ時間は必ずあります。そのスキマ時間を有効活用するのがモバイル勉強法です。

モバイル端末で効率良く勉強する方法

重要ポイントの写真を撮りまくる

教科書に載っている、公式、表、条文など重要と思われるところは余すところなく画像に残します。撮った画像は、重要な箇所にはマーカーを引いたりコメントを書き込むなどして補足して行きます。

紙のノートに書き込んでいたのでは時間がいくらあっても足りません。現代のITツールをフル活用して、勉強を効率化するのです。

画像を共有化する

画像を共有化する

重要ポイントの画像を撮りまくったら、次は共有化します。

スマートフォン、タブレット、PCなど、普段使っている情報端末で画像を共有化しましょう!

もう分厚い参考書を持ち歩く必要はありません。これで隙あらば勉強できる体制の完成です。

どんなに忙しくてもスキマ時間は誰にでもある

私の場合、移動中の電車内、待ち時間、ランチタイムなどはタブレットを多用して暗記系の勉強をしました。仕事中もPCで画像チェックしたり、寝る前はベッドでスマホで過去問して・・・。

とにかく、隙あらば勉強ばかりしてました。

いつでもどこでも5分あれば勉強できます。

これを積み重ねることが合格への近道です。

楽しんで勉強しよう!

「こんなに勉強ばかりして辛くないの?」

「苦しいばかりで全然楽しくないんだけど」

そう思う方も多いかもしれません。

でも私は毎日の勉強がとても楽しかったです。

「えっ!」

勉強の辛さや苦しみは、楽しさに変えることができます!

でもどうやって?

飛行機は離陸時が一番燃料を消費する

飛行機は離陸時が一番燃料を消費する

確かに最初はさっぱり分からなくてこんなの無理!と挫折しそうになるときもあります。誰だってそうです。それでもあきらめずに勉強を続けてみて下さい。続けてさえいれば必ず光が見えてきます。多くの人は続けられずに挫折してしまいます。続けているだけで勝者なのです。

飛行機は離陸時が一番燃料を消費する。

何事も最初が一番大変です。そこを乗り越えた人だけが雲の上の絶景を見ることが出来るのです。

ただ続けるだけで良い

解らないことが解るようになった時の喜びはひとしおですよね。

しだいに勉強が楽しくなってきます。「もっと知りたい」、そう思えるようになったらこっちのものです。自然に楽しく勉強できるようになります。

今は苦しくても楽しくなる唯一の方法は、「続ける」ことです。

そして「合格」という最高のご褒美を手にしたときの感動は伝えようがありません。自分に大きな自信が付いて、未来の明るいドアが開くような感覚です。

勉強の成果を見える化する

勉強の成果を見える化する

「勉強の成果を見える化する」これは勉強を楽しむためのツールです。

私がいつもやっているのは、「過去問の正答率をグラフ化する」ことです。

最初は1割も解けなかった過去問が、何度も繰り返すたびに正答率が高まり、ようやく合格ラインを越え、次第に満点に近づく。こんなグラフをExcelで作ってひとりでニマニマしてました(笑)

これの大きなメリットは、いつも間違う問題が浮き彫りになるので、苦手ポイントが明確になることです。

是非やってみて下さい。

まとめ:資格を効率的に取る4つの勉強法|あなたの勉強法は間違っている!

まとめ:【資格を効率的に取る4つの勉強法】あなたの勉強法は大丈夫?

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

本編で述べた4つの勉強法を今から意識してみて下さい。

あなたの試験勉強がきっと良い方向に向かうはずです!

「資格を効率的に取るための4つの勉強法」

  1. 過去問を徹底的に勉強しよう!
  2. 得点配分の高いところから勉強しよう!
  3. モバイル端末を駆使して勉強しよう!
  4. 楽しんで勉強しよう!

\自己紹介です/

コメント