【公害防止管理者】大気特論 計算問題攻略マニュアル

大気特論 計算問題攻略マニュアル公害防止管理者
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

公害防止管理者(大気関係)の受験科目で、「大気特論」が苦手な人は多いです。

それは、ズバリ計算問題があるから。

フェルたん
フェルたん

「大気特論」の計算問題って苦手なのよね~

意味わかんないし(涙)

「大気特論」では、計算問題が毎年2問出題されています。

15問中2問なので、他が自信あれば捨てるのもアリかもしれません。

でも、毎年必ず出ると分かっているなら、他の広い範囲を勉強してカバーするよりも必ず出る計算問題をマスターした方が効率的だと思いませんか?

覚えてしまえば意外と簡単だったりします。

計算問題だからといって拒絶反応しないで、まずはチャレンジしてみましょう!

たまお
たまお

大気特論の計算問題が大の苦手という貴方のために、

計算問題の攻略マニュアル作りました!

ぜひご参考に!

「ばいじん・粉じん特論」の計算問題対策はこちら

スポンサーリンク

大気特論の計算問題は「燃焼反応」が全て

大気特論の計算問題は「燃焼反応」が全て

大気特論の過去問をさかのぼっていくと、計算問題は全て燃焼反応であることが分かります。

むふふ・・・楽勝ですね!

と思うのも束の間、燃焼反応の計算方法は、燃料によって異なります。

気体燃料、液体燃料、固体燃料、さらには混焼とあるので、最初はややこしくて投げ出したくなるのも分からなくありません(笑)

でも一度、基本的な計算方法を身に付けてしまえば…あら簡単!むしろ暗記系の問題よりも忘れにくく応用が利きます。

個人的には、計算問題は初めにマスターしてしまい、暗記系の問題は試験が近づいてから集中的に勉強するのが効率的と思います。

炭化水素の燃焼反応式をマスターしよう

計算問題に取り組む前に、マスターしておくべきことがあります。

それは炭化水素の燃焼反応式です。

フェルたん
フェルたん

た、炭化水素ってなによ?

もう泣きそう…(涙)

炭化水素とは、CとHだけで成り立っている化合物の総称です。

例えば、プロパン(C3H8)は代表的な炭化水素ですね。

大気特論の計算問題では、プロパンと記載されるだけで、分子式(C3H8は記載されないことが多いです。

計算問題を解くには、分子式から燃焼反応式を導き出す必要があります。

これが出来ないと計算すらさせてもらえません。

つまり、基本中の基本!

ちなみに、プロパンの燃焼反応式はこうです。

C3H8 + 5O2 = 3CO2 + 4H2O

燃焼問題ではこれが導き出せないと、ジ・エンドです。

フェルたん
フェルたん

燃焼反応式は分子式さえ覚えていれば導き出せます!

丸暗記する必要ありません。

詳しくは以下のサイトで超かんたん解説しています。

燃焼計算をマスターしよう!

炭化水素の燃焼反応式が分かってきたら、いよいよ実戦です!

計算問題にチャレンジしましょう!

その前に注意が必要なのが、燃焼計算には気体燃料液体燃料、固体燃料があって、計算方法が異なることです。

液体燃料と固体燃料は計算方法が同じです。

たまお
たまお

実際の問題は、気体燃料液体燃料固体燃料混焼だったりします。

あわてないあわてない(笑)

それぞれの計算方法をマスターすれば怖くありません。

詳しくは以下のサイトで超かんたん解説しています。

まとめ:【公害防止管理者】大気特論 計算問題攻略マニュアル

フェルたん
フェルたん

いかがでしたか?

苦手な計算問題をマスターして得点源にしちゃいましょう!

たまお
たまお

基礎が何となくでも分かってきたら実戦にチャレンジ!

以下のサイトで計算問題を解いてみよう!

大気特論の勉強方法

燃焼反応式の勉強方法

試験勉強は、過去問をやり倒すのが王道です。

本気で合格を目指すなら、公式テキスト公式過去問集は最低限買っておくことをお勧めします。理由は以下の通り。

新・公害防止の技術と法規 大気編

公式テキストです。試験問題はここから出ると言われているので、これを完全に理解すれば満点合格できます。かなりのボリュームで少々お高いですが、合格のためには必要な投資だと思います。

最新版発売になりました!(2021.2.1発売)

正解とヒント

公式過去問集です。5年分の試験問題が収録されており、解説もかなり詳しく書いてあります。近年の出題傾向や関連問題も参照できるようになっているので大変重宝します。実践問題に慣れるためにもこれは必須アイテムです。

最新版発売になりました!(2021.5.1発売)

重要ポイント&精選問題集 大気技術編

「大気特論」「ばいじん・粉じん特論」「大気有害物質特論」「大規模大気特論」の4科目が収録されています。要点がわかりやすく簡潔にまとめられているので理解を深めやすいと思います。特に計算問題はかなり充実しているので、計算問題が苦手な方はこれをやり倒せば克服できると思います。

コメント