「大気特論」で毎年4問【測定技術】徹底攻略!

大気特論 測定技術公害防止管理者
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

公害防止管理者(大気関係)の試験科目「大気特論」では、測定技術から毎年4問出題されています。

難解で覚えることが多く、大気特論の中では出題数が一番多く厄介なところです。

フェルたん
フェルたん

ここは呪文みたいで本当に訳分からないのよね…

たまお
たまお

まずは出題傾向を分析してみよう!

スポンサーリンク

「測定技術」の出題傾向

大気特論で「測定技術」は、毎年4問出題されています。

15問中4問なので合否を左右するところです。ちょっと難解で、覚えることも多く、心折れそうになりますが、諦めて勉強するしかなさそうです(涙)

では、近年の「測定技術」の出題傾向をみてみましょう!

「測定技術」の出題傾向
フェルたん
フェルたん

なるほど!

排ガス分析方法を集中的に勉強すれば良いのね!

たまお
たまお

まぁ、そこが一番難しくて覚えること多いんだけどね(苦笑)

「測定技術」攻略ポイント!
フェルたん
フェルたん

詳しくは以下の「かんたん解説」を参考にして下さい!

たまお
たまお

関連の過去問も集めてるから、

実戦トレーニングも出来るよ!

「大気特論」の勉強法

資格取得

大気特論の中でも「測定技術」は範囲が広くて難解、しかも出題数が多いという…

個人的には一番苦労したところです。

私の場合、公式テキストを熟読しながら公式過去問集公式科目別問題集の問題を解きまくりました。

合格するためにはこれしかありません!

★公式テキスト(通称:電話帳)

★公式過去問集

最新版発売!2022.4.18

★公式科目別問題集

\他のテキストも気になる方はこちら/

試験勉強お疲れ様です!

試験勉強お疲れ様です!

試験勉強お疲れ様です♡

当サイトでは、公害防止管理者を目指す貴方のために様々な情報を展開しています。

フェルたん
フェルたん

合格に向けて、以下のリンクをガンガン活用して下さい!

失敗しないテキスト選び(大気編)2022年度版

失敗しないテキスト選び(水質編)2022年度版

【公害防止管理者】完全攻略ガイド 傾向と対策(大気編)

【公害防止管理者】過去問8年分!解説付き

【公害総論】で毎年2~3問!「環境基本法」ここが出る!

【ばいじん・粉じん特論】「計算問題」攻略マニュアル

【大気特論】「計算問題」攻略マニュアル

【大気特論】で毎年4問「測定技術」徹底攻略!

【大気有害物質特論】のツボ!

資格取得の効率的な勉強法4つ!

5分でわかる公害防止管理者のすべて《初心者ガイド》

\当サイト人気No.1/

最後までお付き合いありがとうございます♡

フェルマータ♪

行政書士、個人投資家、リケジョ、資格マニア、クラシック音楽の人。大手IT企業を華麗に退職してブラック企業を彷徨い人生絶望。このままでは終われない→猛勉強して行政書士一発合格!「人生は自分で描くもの」を実践中!

\Twitterはこちら/

コメント