公害防止管理者 過去問演習「ばいじん・粉じん特論」平成27年度(2015年度)

公害防止管理者 過去問演習サイト「ばいじん・粉じん特論」2015公害防止管理者
フェルたん
フェルたん

ばいじん・粉じん特論には、厄介な計算問題があります(電卓要)。

計算にハマって時間が足りなくなることも…

本番では、まず暗記系の設問を済ませてから計算問題に取り組むことをお勧めします!

スティーブ
スティーブ

計算問題まじキライ

フェルたん
フェルたん

苦手問題は繰り返して解くことで必ず克服できます!

一緒にがんばりましょう!

スポンサーリンク

ばいじん・粉じん特論 平成27年度(2015年度)試験問題

ばいじん・粉じん特論
  • 設問数  15問
    → 9問以上正解で合格!

  • 試験時間 50分

≫ 公害防止管理者(大気)完全攻略ガイド

≫ ばいじん・粉じん特論 計算問題 攻略マニュアル

フェルたん
フェルたん

気軽にやってみて下さいね!

Let’s Start!

問1

粉じんの付着性に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  粒子の付着性が大きいほど,管壁に粒子が付着・堆積し,配管等の閉塞を起こしやすい。
  2.  付着の強さには,ファンデルワールス力,液架橋力,静電気力などが影響する。
  3.  粒子が大きく,比表面積が小さいほど排ガス中の水分,硫酸分などを粒子表面に取り込み,凝集しやすくなる。
  4.  ダストの付着力は,ダストの成分組成で異なる。
  5.  ダストの付着力は,排ガスの成分組成で異なる。

問2

集じん装置本体の圧力損失に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  集じん装置のファン又はブロワーに要する消費電力は,圧力損失に反比例する。
  2.  圧力損失は SI 単位である Pa(パスカル)で表記される。
  3.  集じん装置内の入口ダクト及び出口ダクト内における処理ガスの平均全圧の差で表す。
  4.  各測定点における全圧及び流速をピトー管で測定し,計算する。
  5.  入口ダクト及び出口ダクトが同一径で内部の温度変化がない集じん装置では,入口ダクトと出口ダクトの流速が等しい場合,入口と出口の静圧の差として表すことができる。

問3

電気集じん装置の一段式と二段式に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  一段式は,二段式に比べ再飛散に対して有利である。
  2.  二段式では,ダストの見掛け電気抵抗率が異常に高い場合に起こる逆電離を避けることが困難である。
  3.  二段式は,集じん電極間隔を小さくして,集じん電極面積を大きくできる。
  4.  一段式は,産業用に広く用いられている。
  5.  二段式は,空気清浄器等にも採用されている。

問4

電気集じん装置における逆電離現象について,次のア~ウの   の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。

逆電離現象は,集じん電極に付着したダスト層の見掛け電気抵抗率が極めて ア 場合に,ダスト層を流れる電流が イ してダスト層内に著しい電界を生じ,これがダスト層内で ウ を引き起こす現象をいう。

     ア   イ    ウ
  1.  高い  減少  絶縁破壊
  2.  高い  増加  絶縁破壊
  3.  高い  減少  コロナ放電
  4.  低い  増加  絶縁破壊
  5.  低い  減少  コロナ放電

問5

障害物形式集じん装置の集じん機構に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  ダストは,慣性力,拡散,重力,静電気力,遮りなどの機構により障害物に捕捉される。
  2.  ストークス数が大きいほど,慣性力による捕集効率は大きくなる。
  3.  同じストークス数では,レイノルズ数が小さいほうが慣性衝突による捕集効率は大きくなる。
  4.  捕集体の寸法に対する粒子径の比が大きいほど,遮りによる捕集効率は大きくなる。
  5.  気流速度が小さい場合,粒子径が 0.1 µm より小さい粒子では拡散捕集の効果が大きくなる。

問6

バグフィルターのろ布上に形成されたダスト層の圧力損失が,コゼニー・カルマンの式に合致する場合の記述として,誤っているものはどれか。
  1.  ダスト層の厚さが大きくなれば,圧力損失は大きくなる。
  2.  ダスト層の空隙率が大きくなれば,圧力損失は小さくなる。
  3.  ダストの比表面積径が大きくなれば,圧力損失は小さくなる。
  4.  ガスの粘度が大きくなれば,圧力損失は小さくなる。
  5.  ガスの流速が大きくなれば,圧力損失は大きくなる。

問7

耐酸性があり,耐アルカリ性がないバグフィルター用ろ布材はどれか。
  1.  ナイロン
  2.  ガラス繊維
  3.  ポリイミド
  4.  アクリル
  5.  四ふっ化エチレン(テフロン)

問8

パルスジェット形払い落としを用いるバグフィルターに関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  連続式払い落とし方式の一つである。
  2.  含じんガスは,ろ布の外側から流入する。
  3.  集じん室を多室に区切る必要がない。
  4.  最近では,大形の流動層石炭燃焼ボイラーにも適用されている。
  5.  ろ過速度を大きくすることは困難である。

問9

バグフィルターに関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  織布を用いる場合,一般に見掛けろ過速度は 0.02 m/s 程度にとられる。
  2.  不織布を用いる場合,一般に見掛けろ過速度は 0.04 ~ 0.07 m/s にとられる。
  3.  連続式払い落とし方式では,微量のダストが清浄側に逸出することがある。
  4.  合成繊維ろ材では,ろ布から電荷を除去することが難しい。
  5.  長繊維製ろ布は,付着性の強いダストには適さない。

問10

バグフィルターの運転要領に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  起動する場合は,含じんガスを導入する前に空気負荷で運転し,システム内のガスを空気で置換する。
  2.  運転初期において排気ダスト濃度が高いと予測される場合は,プリコート粉を供給し,一次付着層を形成させることがある。
  3.  膜加工ろ布を使用することにより,運転当初より高い部分集じん率となる。
  4.  バグフィルターの圧力損失は通常 1.5 ± 0.3 kPa で運転される。
  5.  停止する場合は,発生施設の停止と同時にバグフィルターの送風機を停止する。

問11

石綿粉じんの捕捉に用いられているフードについて,作業工程と一般に用いられるフード形式の組合せとして,誤っているものはどれか。

      (作業工程)      (フード形式)
  1.  開袋・投入・取り出し作業    ブース形
  2.  秤量作業(自動計量機)     囲い形
  3.  移送作業(ベルトコンベアー)  囲い形
  4.  成形作業(予備成形プレス)   囲い形
  5.  切断及び研削作業        レシーバー形

問12

平成元年環境庁告示第 93 号による石綿に係る特定粉じんの濃度測定に用いられる装置,器具及び試薬に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1. 捕集用ろ紙:
    直径が 47 mm,平均孔径が 1.8 µm の円形のセルロースエステル製のろ紙
  2. 捕集用ろ紙のホルダー:
    直径 47 mm の円形ろ紙用のホルダーで,有効ろ過面の直径が 35 mm となるオープンフェイス型のもの
  3. 顕微鏡:
    倍率 40 倍の対物レンズ及び倍率 10 倍の接眼レンズを使用する光学顕微鏡(位相差顕微鏡及び生物顕微鏡としての使用が可能なものに限る。)
  4.  アイピースグレイティクル:
    接眼レンズに装着することにより顕微鏡によって観測される繊維の大きさを計測し得るもの
  5. 捕集用ろ紙を透明にするための試薬:
    フタル酸ジメチル及びシュウ酸ジエチル,またはアセトン及びトリアセチン

問13

ダスト濃度測定における等速吸引に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  吸引ノズルから吸引するガスの流速は,測定点における排ガスの流速に対して相対誤差 -5 ~ +10 %以内とすることが JIS で規定されている。
  2.  測定点における排ガスの流れ方向と吸引ノズル方向との偏りは,10 °以下とJIS で規定されている。
  3.  吸引速度が排ガスの流速より小さい場合,測定ダスト濃度は,実際のダスト濃度より小さくなる。
  4.  非等速吸引によるダスト濃度測定時の誤差を推定するには,デービスの式がある。
  5.  等速吸引を行う方法の一つとして,平衡形試料採取装置を用いる方法がある。

問14

排ガス中の水分量の測定に関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  平衡形試料採取装置を用いる場合は,水分量をあらかじめ知る必要はない。
  2.  JIS では,水分量の測定は,ダクト断面の中心部に近い 1 点だけから試料ガスを採取してよいとされている。
  3.  水分量の測定にも,等速吸引が必要である。
  4.  JIS には,吸湿管による方法と計算から求める方法が規定されている。
  5.  吸湿管に用いられる吸湿剤としては,無水塩化カルシウム等がある。

問15

ピトー管係数 0.96 のピトー管で,ダクトを流れるガスの動圧を求めたら3.6 Pa であった。ガス温度 120 ℃,大気圧 100.5 kPa,静圧(ゲージ圧)が 3.0 kPaのとき,管内のガス流速(m/s)はおよそいくらか。
なお,標準状態のガスの密度は,1.30 kg/m3 とする。
  1.  1.8
  2.  1.9
  3.  2.3
  4.  2.7
  5.  3.5

終了!

フェルたん
フェルたん

お疲れ様でしたー!

合格ラインに達していなくても全然気にすることありません。

最初は正答率が低くて挫けそうになりますが、繰り返していると徐々に正答率が上がってきて楽しくなります。

その領域に達するまで過去問をひたすら繰り返すのみ!

≫ 過去問演習TOPへ

スティーブ
スティーブ

計算問題は ↓ で詳しく解説してます。

≫ ばいじん・粉じん特論 計算問題 攻略マニュアル

攻略法をマスターすれば、苦手科目が得意科目に!

一緒にがんばろう!

この記事を書いた人

フェルマータ♪

行政書士。個人投資家。クラシック音楽の人。大手IT企業を華麗に退職してブラック企業、底辺バイトを彷徨い人生絶望。このままでは終われない→猛勉強して行政書士一発合格!ここからが人生逆転のストーリー!特技はピアノ、息子大好き。

フォローありがとうございます

コメント