ばいじん・粉じん特論 試験対策⑸「集じん性能」過去問演習

集じん性能公害防止管理者
フェルたん
フェルたん

ばいじん・粉じん特論で頻出の「集じん性能」に関する過去問をまとめました。

たまお
たまお

集じん性能は、さほど難しくないから大丈夫。

公害防止管理者(大気関係)の試験で、「集じん性能」は、毎年ではありませんが出題頻度の高い重要問題です。

計算は難しくないので、しっかりマスターして得点源としましょう!

★他の重要課題は以下を参照して下さい。

過去6年分の全過去問はこちらで演習できます。

スポンサーリンク

集じん性能の公式

一応公式はありますが、ここではあえて公式を覚えることはおすすめしません。問題を図解して、入口から入ったダストが出口で何個になるのかを手計算した方が分かりやすいし間違いにくいです。

【例題】

集じん率85%と90%の集じん装置が直列でつながっている場合、トータルでの集じん率は?

まず図解します。(図が用意されている問題もあります)

そして、1000個のダストがじん装置を通過した後のダスト数を順次計算して行きます。

この場合、1000個のダストが15個に減ったので、985個が集じんされたことになります。よって、トータルでの集じん率は98.5%と求めることができます。

集じん率例題

実際の問題は、直列だけでなく並列やその組み合わせになりますが、基本的な考え方は上記の通りです。

集じん性能に関する過去問

令和2年(2020) 問1

サイクロンとバグフィルターを直列につないだ集じん装置で排ガスを処理したとき,標準状態に換算した乾きガス中のダスト濃度が,入口で 4.0 g/m3 ,出口で 8.0 mg/m3 であった。サイクロンの集じん率が 80% のとき,バクフィルターの集じん率(%)はいくらか。
  1.  90.0
  2.  98.0
  3.  99.0
  4.  99.8
  5.  99.9

平成29年(2017) 問2

粒子径が異なる 3 種類の粒子が以下の重量割合で混合して含まれる排ガスがある。その際の粒子径,重量割合と,粒子に対する部分集じん率が表のように与えられるとき,全集じん率(%)はいくらか。

  1.  92.3
  2.  93.0
  3.  94.0
  4.  95.0
  5.  96.0

平成28年(2016) 問2

集じん率 80 %のサイクロンで排ガスの全量を処理した後,ガス流を分岐し,集じん率 95 %のバグフィルターで全ガス量の 60 %を処理し,残りの 40 %のガス量を集じん率 90 %の電気集じん装置で処理するという下記のシステムを構成した。この場合の総合集じん率(%)は,いくらになるか。
なお,ガス流を分岐する際には,ダストもガス量と同じ比率で分離され,各装置の集じん率は設置位置によって変わらないものとする。
総合集じん率

  1.  98.0
  2.  98.6
  3.  99.0
  4.  99.6
  5.  99.9

まとめ:ばいじん・粉じん特論 試験対策⑸「集じん性能」過去問演習

フェルたん
フェルたん

これは、公式覚えなくても解けるからうれしいわ!

たまお
たまお

あとは「科目別問題集」「過去問5年分」を繰り返してやればOK!

科目合格間違いなし。

科目別問題集はこちら

過去問集(解説付き)はこちらがおすすめです。

コメント