ばいじん・粉じん特論 試験対策⑹「遠心集じん」過去問演習

遠心集じん公害防止管理者
フェルたん
フェルたん

ばいじん・粉じん特論で頻出の「遠心集じん」に関する過去問をまとめました。

たまお
たまお

遠心集じんの公式は簡単だから大丈夫。

公害防止管理者(大気関係)の試験で、「遠心集じん」は、毎年ではありませんが出題頻度の高い重要問題です。

計算は難しくないので、しっかりマスターして得点源としましょう!

★他の重要課題は以下を参照して下さい。

過去6年分の全過去問はこちらで演習できます。

スポンサーリンク

遠心集じんの公式

たまお
たまお

遠心集じんの公式はとてもシンプル!

遠心集じん
  • Z:遠心効果
  • uθ:円周方向粒子速度[m/s]
  • g:重力加速度9.8[m/s2]
  • R:回転半径[m]

遠心集じんに関する過去問

令和2年(2020) 問3

遠心集じん装置において,半径位置 12cm での遠心効果が 200 であった。その位置での円周方向粒子速度(m/s)は,およそいくらか。
  1.  0.9
  2.  1.6
  3.  2.2
  4.  4.9
  5.  15.3

令和元年(2019) 問4

サイクロンに関する記述として,誤っているものはどれか。
  1.  半径の小さいサイクロンほど分離限界粒子径は小さくなる。
  2.  相似のサイクロンでは,接線方向の入口速度が同一の場合,大きなサイクロンほど圧力損失は小さくなる。
  3.  マルチサイクロンでは,入口室,出口室及びホッパー室の大きさを十分にとり,各室内の静圧が均一となるようにする。
  4.  マルチサイクロンの再飛散の防止には,ダスト放出口近くにダストをためない工夫を施す。
  5.  軸流式反転形マルチサイクロンの圧力損失は,基本流速 12 m/s の場合で0.8 kPa 程度である。

平成29年(2017) 問3

回転半径 15 cm,円周方向粒子速度 20 m/s の遠心力集じん装置の遠心効果は,およそいくらか。
  1.  16.5
  2.  24.2
  3.  36.1
  4.  162
  5.  272

まとめ:ばいじん・粉じん特論 試験対策⑸「集じん性能」過去問まとめ

フェルたん
フェルたん

これなら覚えられるかも!

たまお
たまお

あとは「科目別問題集」「過去問5年分」を繰り返してやればOK!

科目合格間違いなし。

科目別問題集はこちら

過去問集(解説付き)はこちらがおすすめです。

コメント