子供にお金の教育してますか?投資・経済・金融は生きるためのスキル

投資
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

日本人の「お金」の価値観

日本では、子供にお金の教育をすることは性教育と同じぐらいタブー視されて来ました。

それはなぜでしょう?

日本の「お金」の価値観
  • お金を儲ける=卑しい
  • 慎ましく生活することが美徳
  • 投資はギャンブル
  • 不労所得は泡銭
  • 汗水垂らして稼いだお金こそ労働

このような価値観が未だ日本人には残っています。お金を稼ぐことは卑しいことではありません。

お金を稼ぐことは、生きて行く上で最も重要なスキルです。

なぜ みんな郵便局に貯金するの?

日本では、お金は郵便局に貯金するものとインプットされてきました。

それは国の策略にまんまとはめられた結果です。郵便局は長らく国営でした。今でこそ民営化されて明るみになりましたが郵便局は巨額の赤字会社です。その穴埋めのために郵便局に貯金してもらわなければならなかったのです。日本は超低金利なので貯金してもほとんど増えません。メリットはほとんどありません。一方、物価は毎年上がるので貯金の価値はむしろ下がっていきます。はい、日本での貯金など全く意味がないのです。

日本の「お金」の教育事情

日本では、衣・食・住 は生きるための3要素と小学校で習いましたよね?でもこの3要素は「お金」がなければ得ることが出来ません。とても重要なことなのですが、学校では教えてくれません。

お金を稼ぐ能力は、衣・食・住よりも大切なスキルなのです。

世界では幼少期から積極的にお金の教育をしています。現代のグローバル社会で、海外と渡り合うにはお金の教養がなければ食い物にされてしまいます。いつまでもお人好しの日本人から脱却して、世界で生き残る日本に生まれ変わる必要があるのです。

世界のお金の教育事情

世界では幼少期から積極的にお金の教育をしています。これではお金の教育をしていない日本との差は広がるばかりです。

アメリカ

教育法で「アメリカ人はすべからく経済教育を受ける権利と義務がある」と制定されており、小学校から投資の授業があります。

ユニークなのが、モノポリーというすごろくのようなボードゲームを使って、投資、不動産、金融を学びます。モノポリーは、稼ぐ、守る、貯蓄・投資、使う、借りる を遊びながら学べるとても良い教材になると思います。

オーストラリア

メルボルン宣言で、消費者教育と金融教育が重要と位置付けられており、授業に取り入れられています。教員向けにもサポートがあります。

ニュージーランド

小学校で、子供が自分名義の銀行口座を作ります(任意)小学校が窓口になって、お金の出し入れと金利について体験学習出来るようになっています。

カナダ

中学校で金融のカリキュラムを選択して本格的な勉強をすることができます。

イギリス

中学校で、経済、金融の授業があります。

まとめ

大学生の時、ロバートキヨサキの「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んで衝撃を受けました。

自分の時間を切り売りしていては、どんなに一生懸命汗水垂らして働いても豊かにはなれない。お金に働いてもらうことを考えなさい。

今、私にも小学生の息子がいます。息子にはストレートに伝えています。

勉強は「お金を稼いで生きて行くための知恵だと。

言い換えれば幸せになるための知恵です。

勉強は、良い大学入るためでもなく、大企業に入るためでもありません。人間力を磨くもの?確かに合っています。でももっと分かりやすくストレートに教えた方が心に響きます。

お金持ちになりたいなら勉強するべき

幸せになりたいなら勉強するべき

こう言うと息子は目を輝かせて勉強します。

コメント