プラレールを収納&ディスプレイする棚を作ってみました。

家族
この記事は約4分で読めます。
<span class="fz-12px">フェルたん</span>
フェルたん

プラレールが大好き過ぎる息子のために、プラレールを収納する棚を作ってみたので紹介します!

我が家はプラレールで溢れかえっています。それも日々増える一方(笑)
まぁ、私も一緒になって遊んでいるので、つい欲しくなって買っちゃってるんですけどね(汗)

というわけで、大好きなプラレールを整理しやすいように、そしてカッコよくディスプレイ出来るように、棚を作ってみました。

どーん! これが完成形です。

上部5段にはプラレールや本などをディスプレイできるようにして、下はレールやトンネルなどの情景セットをまとめて入れている箱を2つ収納できるようにしました。

なかなか良いではありませんか!

スポンサーリンク

材料と費用

 材料

  • SPF材(天板) 2,548円
    (19×180×1820mm 1,274円×2枚)
  • SPF材(柱) 732円
    (19×30×1820mm 183円×4本)
  • 木ダボ 214円
    (6×30mm 20本×2セット)
  • カット費用 150円
    (50円×3カット)

   総額 3,644円

 道具

  • 電動工具(ドライバー/ドリル)
  • 紙ヤスリ
  • 軍手

では作ってみましょう!

材料カット

ホームセンターで売っているSPF材は、だいたい長くて180cm程。柱4本はこのままカットしないで使います。カットはホームセンターで1カット50円ぐらいでやってくれるので、お任せした方が楽で安全です。

天板は横幅60cmでカット。これは設置するスペースや好みで決めても良いでしょう。ホームセンターでは2枚重ねてカットしてくれたので3カット(150円)で済みました。これで天板が6枚できました(1枚は予備)。今回は情景セットの箱を収納できるように最下段には天板を入れずに5段にしましたが、上から下まで全部プラレールで埋め尽くしたい!というような方には6段にしても良いでしょう。

印付け、穴あけ

木ダボ用の穴をあける箇所に鉛筆で印を付けて行きます。

設計図どおりになるように、メジャー、定規を使用して慎重に印を付けていきます。この作業が一番重要です。私は一番時間が掛かりました。ここで間違うと取り返しが付かなくなるので、くれぐれも慎重に確認しながらやっていきましょう。印を付けてしまえば、あとは電動ドリルで穴をあけていくだけです。

ダボはφ6mmのものを使うので、φ5.5mmのドリルを使って穴を開けて行きます。
穴の深さが均等になるように、ドリルにガムテープを巻いて目印にすると分かりやすいです。

柱、天板、全てに穴を開けて行きます。

この作業は、電動工具がないと厳しいです。2,000円ぐらいから売っているのでこれは絶対にあった方が良いです。手動でやっていたら間違いなく手にマメができて、やる気が削がれていたと思います。

全部に穴を開け終わったら、次は天板にダボを埋め込んでいきます。

ここまで来たら、あとは組立てるだけ。あと少しです!

組立てたものを実際に部屋に置いてみると、高さが180cmと高い割には奥行が18cmしかないため非常に不安定です。ちょっとした地震でも倒れてしまいそうです。このままでは大切なプラレールが落下してしまいますね。

ということで、壁に固定しちゃいましょう!

この金具はダイソーで買いました。2個入りで当然100円(税抜き)。これで安心安全です!

あとはお子様と一緒になってディスプレイを楽しみましょう!

息子大喜び!

いかがでしたか?
初めて作った私でも半日で完成しました。

リビングに大好きなプラレールが整然とディスプレイされていると、なんか楽しいですね。
不思議なことに、これを作ってから息子はプラレールで遊ばなくなりました。
飾って眺めている方が良いんだとか(笑)

複雑...

応用編

今回作ったプラレール棚と同じ要領で、本棚を作ってみました。

どーん!

今回はさらに、ロボット掃除機が格納できるようにしました!奥には充電ドックステーションが設置してあります。ちょっとお尻が出っ張っていますが、この方がたまったごみを捨てるのにちょうど良いです。

材料と費用

  • SPF材(天板) 3,344円
    (15×300×600mm 836円×4枚)
  • SPF材(柱)748円
    (19×30×1820mm 187円×4本)
  • 木ダボ 214円
    (6×30mm 20本×2セット)

   総額 4,306円

作り方は、プラレール棚と全く同じ要領です。

いかがでしたでか?
なかなか市販の棚ではこのようなものがないですし、費用も安く済むのでお勧めです。
何よりもDIYは楽しいですよね。やってみると意外と簡単です!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

フェルマータ♪

行政書士。個人投資家。クラシック音楽の人。大手IT企業を華麗に退職してブラック企業、底辺バイトを彷徨い人生絶望。このままでは終われない→猛勉強して行政書士一発合格!ここからが人生逆転のストーリー!特技はピアノ、息子大好き。

フォローありがとうございます

コメント