【ネタバレ注意】映画スラムダンク なぜファーストなのか?

THE FIRST SLAM DUNK学び
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

公開初日(2022年12月3日)、映画「THE FIRST SLAM DUNK」観てきました!

本内容は思いっ切りネタバレを含みますのでご注意ください。

この記事を書いた人

スラムダンクはアニメから入り、山王戦が無いことに衝撃を受けてコミック全巻そろえた派です。以降、何度も読み返している大ファンです。リアルタイム世代ではありません。ミニバスを始めた一児の母。

座右の銘は、

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

スポンサーリンク

スラムダンクとは?

「SLAM DUNK(スラムダンク)」とは、完結して20年以上経った今なお伝説として語り続けられているバスケ漫画の金字塔。1990年から1996年まで週刊少年ジャンプに連載され、単行本は累計1憶7000万部もの発行部数を誇ります。その後TVアニメ化されましたが、なんとインターハイの前で終わってしまいます。一番テンションの上がる、豊玉戦、山王戦はアニメ化されなかったんです!

こんな背景があって、往年のスラダンファンは、インターハイ、特に山王戦の映像化を期待していたわけです。

要チェックや!by相田彦一

映画「THE FIRST SLAM DUNK」の前評判

2022年1月「スラムダンクが映画になります!」という作者・井上雄彦さんのツイートがあり、スラダンファンはお祭り騒ぎに!山王戦がついに映像化されるのか?その後の新ストーリーか?・・・いろんな憶測が飛び交いました。

公開1ヵ月前、声優が総入れ替えになるという発表がありました。アニメに慣れ親しんできた私はちょっと複雑な気持ちになりましたが、30年近くも経っているんだから交代もやむなしと心の中で整理付けようとしました。ネットでも批判的な意見が多かったと思います。

そんな中、公開日直前の11月末、赤木剛憲(ゴリ)役の声優さんがお亡くなりになったというニュースが・・・そう言うことだったのかと。なんというタイミング・・・只々ご冥福をお祈りいたします。

公開初日の映画館

公開1週間前、チケットの予約をしました。なんと空席だらけで驚きました。1割ぐらいしか埋まっていませんでした。(ちなみに地方政令指定都市です。)まぁ良い席が取れたので良かったのですが・・・当日映画館に行ってみると、それでも半分くらいしか埋まっていませんでした。ちょっと心配になるレベルでした。

本編あらすじ

ここからは本編のあらすじです。ネタバレなのでご注意ください。

映画「THE FIRST SLAM DUNK」を一言で表すと、「宮城リョータから見た山王戦」です。

山王戦をベースに宮城リョータの新ストーリーがちりばめられています。つまり、主役は宮城リョータです。

宮城リョータは沖縄出身。兄、妹の3人兄弟。父親が亡くなり母子家庭になるところからストーリーは始まります。そしてバスケが上手だった兄も他界してしまうという・・・結構重い出だしです。

死んだ兄へ想い、母親との確執、沖縄から神奈川への転校、いじめ・・・宮城リョータが背負ってきたものは、小さな子供にはあまりにも重いものでした。強がった生意気な態度には理由があったのですね。

山王戦の内容はコミック通りです。ただ、かなり端折っています。山王戦だけでもかなりのボリュームなので、2時間では収まりきらないとは思っていましたが・・・。

リョータの母親が山王戦にこっそり現れます。そしてリョータと母親のわだかまりが解けるという。

最後、山王のエース沢北がアメリカに・・・なんとその対戦相手には宮城リョータが!

映画はここでエンドロールへ・・・。

声優総入れ替え

声優に関しては、正直最後まで違和感が抜けませんでした。私自身、声優の総入れ替えは致し方ないと容認していた派でしたが、映像と音声が完全に一人歩きしているような感覚でした。

特に残念だったのが、安西先生。

声のトーンが低く、怖い印象を持ちました。安西先生は過去に「白髪鬼」と呼ばれて恐れられる存在でしたが、教え子(谷沢)の死後、悟りを開いたようなやさしい監督に生まれ変わったはずなのに・・・全てを達観したようなにじみ出るやさしさが全く感じられず、むしろ威圧的で怖い監督という感じでした。「ほーほっほっほ」という名物の笑い声も一切なかったのも残念でした。

他の主要メンバーの声も正直違和感だらけでしたが、受け入れるしかないのかな・・・と思うようにしています。

ユーモアがない

スラムダンクには、コミックもアニメもユーモアがちりばめられていて、真剣さとユーモアのギャップが魅力だったのですが、今回の映画「THE FIRST SLAM DUNK」にはユーモアがほぼありませんでした。例えば、こういう描写↓

赤木がガチガチになって本来のプレーが出来なくなっているところに桜木がカンチョーする名シーンは、単にカンチョーするだけでした。ゲンコツのお返しもただ殴るだけ、タンコブが盛り上がってシューゥと煙が上がる描写もありませんでした。単なる暴力漫画みたいな。

原作コミックやアニメではあった、コメディタッチの絵に変わるところが全くありませんでした。赤木がゴリラ顔になって「ウホッ!」と叫んでダンクするシーンとか。

ユーモアが全くなく、淡々と進むストーリーには物足りなさを感じざるを得ませんでした。

なぜファーストなのか?

エンドロールが流れ始めると、モヤモヤが頭に残りました。なぜ「ファースト」なのか?

観る前は、山王戦を前半後半の「ファースト/セカンド」に分けて公開するのか?桜木の最初のスラムダンクにフォーカスするのか?とかいろいろ憶測しましたが、結局どちらでもありませんでした。

ファーストがあるということはセカンドも?

終わり方がちょっと意味深なんですよね・・・アメリカで対戦する沢北とリョータ。えっ!流川じゃないの?!という突っ込みは置いといて、次に続く布石のようなものは感じました。

劇場でのノベルティー

なんだかんだ批判めいたことを書いてしまいましたが、私、2回観に行きました(笑)

公開初日に観に行ってもらったのがコースター。実はこれには仕掛けがあって、裏面のQRコードを読み取ると面白いことが起こります!何が起こるかは表現しにくいのですが、ARでコースターのキャラクター動き出します。不思議!子どもは大喜びでした(笑)

2回目観に行ったときは、リョーチンのイラストでした。表裏に小5と高3のリョーチンが描かれていました。我が家では額に入れて飾っています。ファンの心をつかむサービスはしっかりしていますよね。

次は何がもらえるんでしょうか・・・?また行くんかい!(笑)

まとめ

THE FIRST SLAM DUNK

いろいろ批判的なことを書いてしまいましたが、スラムダンクの大ファンだからこそ、期待が大きく膨らんで厳しい見方をしてしまったのかもしれません。初めて観る人はどう感じるのでしょうか?作者の井上雄彦さんが、脚本、監督を務めて作り上げた作品ですから納得するしかありませんね。

あらためてスラムダンク読みたくなりました。また、アニメにしかない感動のエピソードもあるので、アニメも観たくなりました!

ということで、まだの方は以下からどうぞ!

コミックを楽しむ

現在、新品で購入できるのは、「完全版」と「新装再編版」の2種類です。

違いは以下の通り。

  • 完全版(全24巻)
    一回り大きい、一部カラー、扉絵がない、ちょっと高い
  • 新装再編版(全20巻)
    全てモノクロ、扉絵あり、リーズナブル

お金に余裕がある方は完全版、老眼で小さい文字が苦手という方も完全版がおすすめです。普通に楽しむなら新装再編版で十分です。

コミックの購入はこちらから

アニメで楽しむ

Amazonプライムなら全話(1~101話)視聴できます。但し、前述の通り、一番テンションの上がるインターハイはアニメ化されていません!でも、アニメだけの秀逸なストーリーがあるので必見です。以下のキャンペーンから入会すれば全話無料で観れちゃいますのでお見逃しなく!

\30日間無料キャンペーン中!/

\グッズはAmazonで検索/

最後までありがとうございました♡

行政書士、個人投資家、理系女子、資格マニア、クラシック音楽の人。大手IT企業を華麗に退職してブラック企業を彷徨い人生絶望。このままでは終われない→猛勉強して行政書士一発合格!「人生は自分で描くもの」を実践中!

\Twitterもやってます/
【ネタバレ注意】映画スラムダンク なぜファーストなのか?
スラムダンクは人生の教科書【名言に学ぶ人生哲学】ネタバレ注意
子どもがバスケを始めたら親がやるべきこと
バスケのリュックは【ケイジャー】しか考えられない!
スポ少の指導に疑問を感じたら【ハーツバスケットスクール】
【やってはいけない子育て】アドラー心理学から紐解く子育てのヒント

コメント